So-net無料ブログ作成

走行ログ・整備 記録 [自転車 走行ログ・整備 記録]

2009年9月21日納車

~整備記録~
VPペダル⇒SHIMANO PD-6700

タイヤ:
純正Most(2888km)⇒Vittoria RUBINO PRO TechⅢ(約5350kmで前後入れ替え)

ホイール:
SHIMANO WH-R500(3000km)⇒FULCRUM RACING 3


--2010年--(7月より走行距離計測開始)
7月
449.7Km
8月
771.6Km
9月
741.9Km
10月
426.5km
11月
391.2km
12月
126.5km
--2011年--
1月
74.1km
2月
113.5km
3月
303.5km
4月
263.63km

総走行距離
5830.1Km

ジャガーノート [映画]

アヒャ
SH3F0430.JPG
ウホッ
SH3F0431.JPG
アッー
SH3F0432.JPG

という事で、残ったプリンもいただきました。
(ちと前の画像でしたが)

先日TSUTAYAで借りた映画、『ジャガーノート』


面白くなかったら返金しますとの謳い文句は伊達ではありません。

74年の映画とは思えない出来。
以降の映画やらドラマやら、この作品の影響が大きいと思いますわ~

未だ観た事がない方はぜひ!
というか、観た事がない状態でこの映画を観られる人が羨ましいです!!



箕面(彩都~豊能町経由) [自転車]

26日も4時起きで朝練。

SH3F0433.JPG
彩都にて。
キレイな日の出です。

続きを読む


プリン [いただきました!]

差し入れをいただきました。
IMG_3272.JPG
プリン!!
IMG_3273.JPG
(一個しかない)杏仁プリンを!!
IMG_3277.JPG
ふっふっふ・・・
IMG_3274.JPG
パカッ
IMG_3275.JPG
杏仁の独特のかほりが高級感あって堪りません
IMG_3276.JPG
サービスサービス!!
(あげれませんが)

今日はスプーンを使いましたよ!!


夜練 [自転車]

膝を鍛える意味で夜練を始めました。


どうも、週一の休日サイクルだと膝が一向に強くならない気がしたのと、パフォーマンスの低下の方が気になるので!
(夏の昼間は暑すぎて走れないという問題もありますが、、、)


仕事後、帰ってくる時間にもよりますが、だいたい2~30kmを目安に。
時間によって万博外周を1~3周して帰ってきます。

このペースだと、ひと月で1000Km走行いくかな~
ひと月に1000Km走ったら、何かが変わるのだろうか?


ということで?帰りが遅く、リンク先の訪問が出来ておりません!!
申し訳ございません、余裕ある時に訪問させていただきます!


帰りにTSUTAYAに寄って大量に本を仕入れました。
カバンに入れると、ずっしり。ウェイトトレしているかのよう。
IMG_3270.JPG
『頑張らない上り坂テクニック』に釣られて久しぶりにサイスポ購入。
あと、『35歳からキレイになる~…』という女性ヘアカタのキャッチはいかがなものかと。。
(買ってるけど 笑)

ついでに準新作&旧作¥100レンタルしていたので借りてきました。
IMG_3271.JPG
月曜は朝練にして昼から映画や!!


呼ばれた気がした。 [自転車]

『男山』と聞いて呼ばれたような気が。
SH3F0420.JPG
b.b.さんのブログで見て、
行こう行こうと思っていて立ち寄らなかった男山ケーブル乗り場。
画像的にブログのネタ臭がしてる!

と思ってからは何度も前を通ってはいたのですが・・・


続きを読む


豊能町方面へ [自転車]

夏は暑くて汗かきの私は必要以上に出る汗のため、運動時の水分補給も普段の倍くらい必要です。

ということで、昼間に走るのは気が引けるので、明け方の4時起きして外が暗いうちに出発。

SH3F0412.JPG


続きを読む


根拠のない自信 [つぶやき]

「ブログ見てます」と言っていただけるお客様が今日もいたので慌てて更新

といっても、ネタがなくて最近更新がさぼりがちになってるので、今日は毎日読んでるメルマガの一つから抜粋します!


【根拠のない自信】№324


天才クリエイター、秋元康(やすし)氏の心に響く言葉より…


「企画脳」のための基礎体力をつけるためには、ジャンケンが強くなくてはいけない。

ジャンケンには、そもそも必勝法は存在しない。

ジャンケンは誰にでもチャンスのある勝負なのだ。

必勝法がないにもかかわらず、「自分はジャンケンに弱い」と尻込みするような人間は、発想・企画力で他人に勝つことはできない。

勝負の前に、すでに負けている。

僕の仕事は、正解のない仕事である。

みんな似たような能力があって、人間なんてあまり変わらないなかで、どうやって人より前に出て企画を売りこんでいくか。

どうやってコンペを勝ちすすんでいくか。

そのときに必要とされるのが、オレはジャンケンが強いという「根拠のない自信」なのだ。


「負けるはずがない」と言いきってしまえる自信。

必勝法がないのだから、あとは「気迫」と「運」と「勢い」だけである。

負けて当たり前、できなくて当たり前、やれなくて当たり前というふうに生きていると、どんどんマイナス思考になっていく。


「オレはジャンケンに強い」と自分に言いきかせてみるのもいい。

相手に向かって「オレって不思議に勝つんだよ」とプレッシャーをかけてみるのもいいだろう。

そうすれば、万が一ジャンケンに負けたとしても、負けたことが不思議に思えるし、「どうして負けたのか」という反省ができるようになる。

負けるとか、失敗するとかいうことが不思議に思えなければいけないのだ。

そう思いこまないと売れる企画、勝てる企画はつくれない。

そこから、すべてがはじまるのである。

『企画脳』PHP文庫より抜粋転載



秋元氏は「おニャン子クラブ」、「とんねるず」、「川の流れのように」、「AKB48」など、関わる仕事でヒットを出し続け、20年以上、トップを走り続ける天才クリエイターだ。

その秋元氏が、誰もが似たような能力を持っていて、人間はあまり変わらないという。


ならば、そのヒットを出し続ける「勝負強さ」はどこからくるのか…

それを、秋元氏は「根拠のない自信」だという。


居酒屋甲子園の大嶋啓介氏の講演会では、「本気のじゃんけん」というのをやる。

隣に座っている人と、とにかく気合を入れ、絶対に負けないぞという気持ちで、本気でじゃけんをする。

そして、勝ったほうは大声で、「よっしゃ!勝った~!」と言い、負けた方は「よっしゃ!負けた~!」という。

どっちが勝ってもいいし、負けてもいいが、これでテンションがあがり、講演会の会場の雰囲気は一気に盛り上がる。


自分が負けるはずがない、と「根拠のない自信」を持ったとき、人は不思議なオーラを発する。

すると、あの人は、何か他の人と違ったすごい発想のある人だ、抜群(ばつぐん)の企画力を持った人だ、と思ってしまう。

ほんとうは、人の能力にはそんなに大きな差はない。

しかし、結果として大きな差が出てしまうのは、「根拠のない自信」がそうさせている。


勝ちぐせのついている人は勝ち続ける。

負けぐせのついている人は負け続ける。


ジャンケンと同じように、人生にも必勝法はない。

「オレは運がある」

「ワタシはどんなになっても最後はうまく行く」

「負けるはずがない」

とおまじないのようにくり返す。


人生のここぞというとき、「根拠のない自信」は必要だ。」



□□□□□□□□

【人の心に灯をともす】http://merumo.ne.jp/00564226.html より 

□□□□□□□□



根拠のない自信!!
これは大事ですね!!

確かに経済の景気やら何やらで先行きは不安なのですが、自信を常に持っていないとチャンスが巡ってきた時に逃してしまう。
この気持ちを常に持って意味不明な自信とともに毎日過ごしています!


『本気のじゃんけん』、大島さんの講習に行った時にやりましたね~(笑)


久しぶりに・・・どなたかやってみませんか!?


よく降りましたね~ [自転車]

7月12日(雨)

W杯決勝戦を3時に起きて見ていました。
延長の最後の方まで決着がつかない試合で
寝そうになった時に得点!!

スペインW杯初優勝おめでとうございます!

サッカーにわかな私の関心は勝敗やら選手云々より、勝敗予想をしたドイツのタコ・パウル君です。
7戦全部を当てるとかすごすぎます。
確率で言えば2の7乗で128分の1の確率!
3位決定戦も当てるし神の使いか神獣かなんかでしょうか?


補足するとタコの寿命は3年で、パウル君は今2歳なので次回のW杯の予想は出来ないようです。無念。


続きを読む


Vittoria Evo 55gに交換。 [自転車]

先日の記事でも書いたようにVittoria Evo 55gのチューブをマイバイクに交換。

前輪を戻して空気を入れて後輪のチューブ交換の作業に入ろうとした瞬間・・・・・・・

「プスー」

と嫌な音がして前輪がパンクしました

走ってもないのになんじゃそら・・・


仕方なく手元にあったもう一本の新品Evo55gをもう一度付けると・・・

今度は空気を入れて3気圧くらいで「パーン」と部屋に響く音を出してパンク。
嫌な予感が的中して絶句。
パンクしたチューブを出して見ると、リムの箇所に押したような痕が6箇所くらい出来ていて、その内の一つが裂けていました
リムテープ劣化?ゴムの厚さにムラでもあるのでしょうか?

このチューブは当たり外れが多いと聞いていましたが、ハズレばかり引いてしまったようです。


ブログにはどんな文句も書かないと決めていましたが、これは酷すぎる。

私の中でVittoriaに対する信用がなくなりました。
他の人がどんな良いレビューを書いていても、このメーカーのタイヤもチューブも買うことはないでしょう。
いくら軽くても安くても耐久力がなければ話にならない。出先でのリスクがでかすぎる


チューブは元のパナレーサーとノーマルのチューブに戻しました・・・
しかし交換作業中、使っていたパナのチューブを傷つけてしまい、空気漏れが・・・
一日でチューブ3本もダメにするとか・・・チューブの破裂音にびっくりするし、交換作業が罰ゲーム並みに怖いです(笑)


結果・・・
手元にあった予備チューブ一本に新品の予備チューブを2本追加したはずやのに、手元に残った予備チューブの数がゼロに・・・
なんでやねん~触らん方が良かったとかどんなんや(笑)まじで笑うしかありません!!


まあ悪い事ばかり書いても仕方がないので、、、
パンクしたのが走行中でなく事故にならなくて良かったと思っておきます!!


気を取り直して今日のオヤツ
IMG_3260.JPG
プディングです
IMG_3261.JPG
お箸でいただきました(笑)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。